ハーレーを購入してから用意したもの メンテナンス・カスタム・ツーリング用品

Harley-Davidson

 

夢のハーレーを手に入れました。さっそく走りに行くのに必要なものと、ある程度のメンテナンスやカスタムに必要な物を揃えます。

ツーリング用品

 ①スマートフォンホルダー

 まずはスマートフォンホルダーです。私が購入したのは下記のもの。これを選んだ理由はQi充電に対応しているということです。つまり置くだけで充電できるってことです。

 スマホでナビを使用していると充電しないとバッテリーが消費されていきます。多くの場合はUSB電源を出してケーブルでスマホを充電していると思います。これは乗り降りで外すのが面倒ですし、雨天時も充電を続けるのは心配です。
 このQi充電がこの上なく便利なの置くだけで充電されるところです。ケーブルを接続する必要がありません。 ですんでQi充電であればスマートフォンをラップにくるんで防水しても充電されるんです。雨でも心配ない!! しかも乗り降りで抜き差しいらないんで楽ちんです。

②サドルバッグ

 ツーリングに向けてサドルバッグ(サイドバッグ)を購入しました。バイクに乗るときってやっぱり雨合羽が必須になると思うんです。ロングツーリングになればなるほど急な天候悪化への準備は絶対に必要です。私の場合はキャンプツーリングなどもしますので雨合羽+バイクカバーをツーリングには必ず持参します。またちょい乗り時でも普段に駐車時に使用しているディスクロックを持参します。簡単に使用できて外すのは難しいので駐車時に付けるようにしています。サドルバッグには雨具を常備してバイクに付けておいて、必要に応じてバイクカバー、ディスクロックも入れるわけです。購入したサドルバッグはデグナーのもの。本皮は高価なのでシンセティックレザー(人工皮革)です。
 マフラー側に取り付けて常備物品用にします。

 

反対側にはもっと大きな物を購入予定です。こちらは22Lあります。

 

メンテナンス、カスタム用工具

 すぐには必要ないと考えていた工具類、すぐに必要でした。バイクを綺麗に保つために洗車するとき、手入れをする時、外したほうが良い部分がありす。そんな時にハーレーによく使われているトルクスネジが外せないんで困ります。このトルクスは特殊な形状で見合った工具がないと外せません。

トルクスネジ

 またネジ類は基本的にインチサイズです。日本のミリサイズの工具は使えないこともないですがネジ穴を舐めてしまいますし、きちんと締め付けにくいのでインチ工具を購入したほうが良いです。私はハーレー用の一通り揃っているセットを購入しました。

 

 工具セットとは別にフレキシブルのレンチを購入しました。これは私の購入したファットボーイロー (FLSTFB) のマフラーを外すためです。車種によってはいらないと思いますので自分の車種をよく確認してからで良いと思います。

 また電装系をいじるために使用したのがターミナルセットです。被覆のカットとか電気部品の接続部分の加工などにとても役に立ちます。安いですし1セットあると重宝します。

 

これで簡単なメンテナンス、カスタムができるようになり、快適なツーリングにも一歩近づいた気がします。

タイトルとURLをコピーしました