リアブレーキパッド交換 FLSTFB 2013

Harley-Davidson

 リアブレーキパッドの交換をしみました。パッドの減りは目視で確認できますんでたま~に確認するといいですね。

 私のバイクは恐らく一度も交換していないと思われます。1円玉の厚さが目安らしいです。

 やっぱり重量があるバイクなのでブレーキは大事、減りもはやいのかなぁ~

交換用パッド購入

 車種にあったパッドを購入します。よく調べてお好みのものを~ ちなみにパッドはオーガニック系とシンタード系とあるんですけどお好みでチョイスを、私はシンタードを選びました。

 購入したのは「EBC BREAKS Double-H Sintered」

 今回の交換はリアだけでしたけどフロントもあわせて購入しました。

 

 では交換作業をしていきます。

マフラーを外します

 これは簡単ですね。いつもの通りサクッと外します。

と外したところで分かったのはマフラーのステーも外さないとキャリパーは外せない!!ってことです。

マフラーステーを外す

 というわけでステーを取り外しにかかります。単純にボルト3本で止まっていると思いきや・・・

 パッセンジャー用のステップがボルトで止まっています!!!

 これは奥の方にトルクスがあります。サイズはT50でした。いや長いのもってません!!

 これは買わなあかん!と作業中断して購入です。

 ロングソケットのおかげで回すことが出来ました。

 これでステーが取り外せます。

キャリパーを外す

 これでキャリパーにドライバーが届くようになりました。

 キャリパーを外す前にパッドピンを緩めておきましょう。

キャリパー外してから緩めるのは難しいのでキャリパーを止めているネジを緩めてくキャリパーをずらしてパッドピンを緩めておきます。

キャリパーが外れました。パッドピンを抜いてパッドを外します。

外したパッドを見比べてみるとメッチャ減ってる~~~!!

パッドを外して交換します

パッドの裏に金具がります。それからキャリパーの奥にもバネになる金具があるので外したときにきちんと位置と方向を覚えておきましょう。

あとで困らないように・・

まずはキャリパー内もクリーニングしましょう。

外したパッドを取り付ける前にキャリパーピストンを押し戻さなければなりません。

これは道具がなくてもできるんですけど・・かなり大変です。

ピストンを傷つけると動きに影響しますので、お安いですしピストン戻しを購入することをオススメします。

自分のバイクのキャリパーの大きさにあったものを選んでください。

新品パッドをつける際にパッドグリスを塗ると泣き防止になるということで、塗っておきました。

間違ってもパッドの表面には塗らないようにwww

それからネジ止め剤、カジリ防止剤も用意して必要なところに塗っておくと良いと思います。

キャリパー取り付け

 今度は逆の手順でキャリパーを取り付けていきます。

 パッドの片側はフリーになっていてキャリパーを止める場所に窪みがあってそこに入るようになっています。

 なかなか上手く入らないと思いますが根気よくやってください。そのうちコツが掴めます。

この窪みにパッドの出っ張りが入ります。わかりにくね

取り付けが完了しました。

何回かブレーキを握ってパッドピンを出して効きを確かめましょう。

それから大事なことですけど取り付ける際は締め付けトルクを守ることが大切です。

トルクレンチを用意して規定通りに締めましょう。

締め付けトルクはサービスマニュアルに記載してあります。入手方法はこちらをクリック

私が使っているのはこちらです。

交換後もあたりが出るまでは効きを過信しないように慎重に走行しましょうね。

さっそくご近所ツーリングへGo!

タイトルとURLをコピーしました